メルマガ購読・解除
 
RECOMMEND
バナナフィッシュ(2)
バナナフィッシュ(2) (JUGEMレビュー »)
井上和彦,アクション百田,古澤徹,松本保典,ラジオ・サントラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BANANA DREAM

少女漫画BANANAFISHの二次創作ブログです。アッシュと英二の幸せな日常話を中心に、バナナフィッシュのキャラクター達とのギャグ・パロディ創作小説を掲載しています。
ブログの最新記事をメールでお届けします!

最新の記事をメールマガジン形式でいち早く配信しています。
ブログにはない、おすすめ情報やためになる情報もお届けしています。
よろしければ、登録してみてください。
<< 恋の予感・ボーンズ編 1 | main | 雨の日はフィットネス・クラブで >>
恋の予感・ボーンズ編 2
0


    らぶばなです。BANANA DREAMへようこそ。
    今日は調子が良いので2回目の更新です!
    (後で泣く事になるかもしれませんが)

    前回は 月龍を女性だと思い込んだボーンズが片想いをしましたが、
    ボーンズの誤解を解くために シンと英二はあることを実行します。
    果たしてどうなるでしょうか??

    私はBlue Shuttle Produce Axle BANANA FISH [DVD] で、
    月龍を演じる俳優さんをみた時、「本当に女性が演じてるのでは?」
    と思ってしまいました。
    (月龍の顔、服装、靴、声のキーに注目して見ると面白いですよ。)
       ▼▼
     

    だからきっとボーンズのように女性と勘違いして一目ぼれまで
    しちゃう男性もいるはず・・・。

    それから 原作13巻で、女性をナンパするブランカに意地悪する若様を
    思い出し、色々な意味で誤解されちゃいそうな この2人を私の妄想話に
    登場して頂きました。
       ▼▼


    ※以下、夢妄想です。お楽しみ下さい・・・。



    【 恋の予感・ボーンズ編 2】


    月龍を女性だと勘違いしたボーンズの一方的な想いは
    ますます深くなっていく。


    (ユーシスって本当に美人だよな・・・)


    そんな恋するボーンズに本当の事を言っていいのか
    英二とシンは悩んでいた。



    数日後、シンは月龍の家に来ていた。
     

    「若様、あんたを女性だと勘違いして好きになって
     しまった可哀そうな奴がいるんだよ。」


    「へえ・・・物好きな奴がいるもんだね。」


    「そいつアッシュのグループの奴でさ、
     英二とも仲がいいんだ。」


    「ふうん。でもシン、そんな事を僕に言ってどうなるの?」


    「いや・・・
     若様が綺麗すぎるから誤解されるっていうか・・・。
     もうちょっと気をつけてほしいっていうか・・・。」


    「おかしなことを言うね、シンは。」


    「だから若様にお願いがあるんだよ。今度さ・・・」


    シンが月龍にお願いをした。シンの事を気にいっている
    月龍はしぶしぶ了解した。


    さらに数日後、再びチャイナタウンのたまり場にやってきた
    英二とボーンズ。


    ボーンズはひょっとして月龍と会えるかも・・・と
    ワクワクしていた。

    再び高級車が停まり、シンと月龍が出てきた。


    「あ・・・ユーシス!」

    ボーンズの目がハートマークになっている。

    だが、月龍の後ろにブランカが立った。


    「あの男・・・パーティーでも見たな。
     ユーシスのボディーガードか?」


    すると月龍はブランカに寄りかかった。
    ブランカも月龍の腰に手をまわして体を支えた。


    「え??二人はまさか・・・恋人同士?」


    ボーンズはショックを受けた。

    「そうか、ずっと一緒にいたあの男はユーシスの
     恋人だったのか・・・。」


    さらに誤解をしたボーンズは肩を落とした。

    「英二、シン、悪いけど 俺先に帰るわ・・・」


    力なくボーンズは帰ってしまった。


    「英二、作戦は成功か?」


    「シン、たぶん成功したよ・・・ちょっと可愛そうだね。
     僕、ボーンズのところに行くね。それじゃぁ!」


    そういって英二はボーンズの後を追いかけていった。


    (若様が俺のお願いを素直に聞いてくれるとは意外だったな)


    色々と誤解したままだったが、
    ボーンズの淡い恋は終わってしまった。


    英二は落ち込むボーンズを心配したが、
    翌日ボーンズは元気になっていた。


    「コング、ボーンズはすごく機嫌がいいけど、どうしたの?」


    「あいつ、ポップコーン店の姉ちゃんに惚れたんだよ。
     どうも惚れっぽい性格でさ・・・」


    「・・・・・・」

    (でも、まぁいいか)


    今度こそ、ボーンズの恋がうまくいくように願う英二であった。


    <完>  ※この下に月龍のつぶやきがあります。


    ボーンズ、次の恋はうまくいってほしいです。
    もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
    更新の励みになるので嬉しいです。

    一言メッセージも送れるので、お気軽にどうぞ!
    らぶばなはあなたのヒトコトをお待ちしています・・・!
     


    月龍のつぶやき
    「シン・・・この借りは大きいぞ。
     ブランカまで巻き込んだからね。」


    以下、拍手お礼です。

    夜に拍手を下さった皆様、ありがとうございました!
    2回の更新をした甲斐があります(笑)嬉しかったです。

    きいろ様
    その一言が本当に嬉しいのです・・・
    私の奇妙な発想を受け入れていただいて嬉しいです!
    | 夢妄想・恋の予感編 | 21:23 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://love-banana-ae.otonagami.com/trackback/74