メルマガ購読・解除
 
RECOMMEND
バナナフィッシュ(2)
バナナフィッシュ(2) (JUGEMレビュー »)
井上和彦,アクション百田,古澤徹,松本保典,ラジオ・サントラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BANANA DREAM

少女漫画BANANAFISHの二次創作ブログです。アッシュと英二の幸せな日常話を中心に、バナナフィッシュのキャラクター達とのギャグ・パロディ創作小説を掲載しています。
ブログの最新記事をメールでお届けします!

最新の記事をメールマガジン形式でいち早く配信しています。
ブログにはない、おすすめ情報やためになる情報もお届けしています。
よろしければ、登録してみてください。
<< もしもコングがドーナツ・ショップをひらいたら・・・ | main | 恋の予感・ボーンズ編 1 >>
英二の作るキャラ弁
0
    JUGEMテーマ:BANANA FISH

    BANANA DREAMへようこそ。
    管理人のらぶばなです。今回のギャグ編は、らぶばなイチ押しのお話です。
    (最後までお読みいただくと理由がわかります・・・)

    お料理上手な英二が、アッシュに「キャラ弁」を作ったら面白いと
    思いました。最後は 皆様の期待を裏切ることになると思いますが、
    軽い気持ちで笑ってやって下さい(笑)

    以下、夢妄想です。お楽しみ下さい・・・。

     【英二の作るキャラ弁】


    「アッシュ、今日は図書館に行く日だろ? 
     図書館に行くといつもランチはホットドックになるから、
     今日は僕が栄養満点のランチボックスを作るよ。」

    「あぁ、おれは構わないぜ。」

    「僕、『キャラ弁を作ってみるよ。日本で流行っているんだぜ。」

    「英二、『キャラ弁』とは何だ?」

    「それは内緒だよ。お楽しみはとっておかないと。
     今から作るから、出来上がるまで待っててね。」

    「あぁ分かった。」

    アッシュは書斎でコーヒーを飲んで英二を待っていたが、
    さっき英二が言った『キャラ弁』が気になったのでパソコンで
    調べることにした。

    「・・・すげえ!日本人はこんな繊細なものを作っているのか!」

    アッシュは初めて見るキャラ弁に驚いた。
    好奇心旺盛なアッシュは徹底的に調べた。 

    「これは驚いた・・・キャラ弁は立派な食品アートじゃないか!」
        ▼▼         ▼▼


    「きっと細かい作業ばかりなんだろうな・・・。なるほど、キャラ弁を
     作るには専用のキャラ弁グッズを使うのか。これは大変だ。
     母親にキャラ弁を作ってもらったら、きっと子供たちは喜ぶだろう。」

    そしてふと、アッシュは 華やかなキャラ弁まではいかなくても
    母親の愛情のこもったランチボックスなど作ってもらったことが
    無い事に気付いた。

    「もしかして英二は俺の為を想ってランチボックスを作ると
     言ってくれたのだろうか?」

    そう思うとアッシュの胸がほんのり温かくなった。


    しばらくするとランチボックスを作り終えた英二が書斎にやってきた。

    「アッシュ、お待たせ。じゃぁ今から図書館に行こう!」

    「英二、ありがとうな。」

    そう言って、英二の頭をくしゃくしゃとなでた。

    「どうしたの、アッシュ?」

    「いーや、何でもない。早く行こうぜ。」
    二人は出発した。


    昼食時 図書館近くの公園で、二人はランチを食べる事にした。

    英二はランチボックスを取りだした。
    アッシュはちょっとワクワクしていた。

    (キャラ弁はアニメや漫画のキャラクターが多いようだが・・・
      英二は何を作ったのだろう?)

    「はい、アッシュ。これは君のランチだよ。」
    英二はアッシュにランチボックスを渡した。

    「あぁサンキュー。」

    (まさか、俺の顔や名前のキャラ弁だったりして・・・)

    アッシュの期待が高まる。

    「アッシュ、あんまり上手に作れなかったけど・・・愛情は
     こもっているから!!」

    「英二、お前が作るものなら絶対に美味いに決まっている!」





    アッシュは笑顔でランチボックスを開いた。
                    ▼▼▼
    コング 

    「アッシュ、可愛いだろ? コングにそっくりだろ? 
     さ、食べようぜ!」

    「・・・・・・」(←アッシュ、灰化)

    <完>  ※この下にアッシュのつぶやきがあります。


    今回の『英二のキャラ弁』はいかがですか?コングに見えますか?
    ちょっと情けない顔のコングですが、らぶばなが作りました。
    ボックスじゃなくて皿の上にのってるじゃないの、というつっこみは無し
    でお願いします(笑)
    どうやら私、キャラ弁のセンスは無いようです。

    輪郭はゴマ、髪の毛はコンブ、目はノリ、眉毛はヒジキ、口はハムを使用。
    ピンセットでゴマを並べる作業は辛いですが、バナナへの愛で乗り切りました。

    もしお楽しみ頂きましたら、下の拍手ボタンを押して応援よろしく
    お願いします。メッセージも送れます。


    アッシュのつぶやき
    「どうして俺じゃなくて、コングの顔なんだよ!?」


    以下、拍手お礼です。

    nanairo様

    コングをかわいいと言っていただき、ありがとうございます。
    ピンセットを使うのは正しいのか分かりませんが
    (作り方がわからないので)
    真夜中にこの作業をしている自分は滑稽だと思います(笑)

    他、コングの口元のハムを誉めてくれたり
    「誰?」と率直な意見を言ってくれたり様々なご意見を聞けて
    楽しかったです。

    拍手を下さった方、ありがとうございました。
    | 夢妄想・ギャグ編 | 04:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://love-banana-ae.otonagami.com/trackback/68