メルマガ購読・解除
 
RECOMMEND
バナナフィッシュ(2)
バナナフィッシュ(2) (JUGEMレビュー »)
井上和彦,アクション百田,古澤徹,松本保典,ラジオ・サントラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BANANA DREAM

少女漫画BANANAFISHの二次創作ブログです。アッシュと英二の幸せな日常話を中心に、バナナフィッシュのキャラクター達とのギャグ・パロディ創作小説を掲載しています。
ブログの最新記事をメールでお届けします!

最新の記事をメールマガジン形式でいち早く配信しています。
ブログにはない、おすすめ情報やためになる情報もお届けしています。
よろしければ、登録してみてください。
<< ショーターのTシャツ店でお買物・3 | main | もしもアッシュとブランカのAnother Storyがあれば・2 >>
もしもアッシュとブランカのAnother Storyがあれば・1
0


    妄想の元ネタはイラストブック「ANGEL EYES」
       ▼▼

    イラストブックの後半で、
    ブランカとアッシュのイラストが6〜7枚描かれています。


    原作では、ブランカはアッシュの良き師匠、最強教師、兄貴肌・・・
    といったイメージが強いのですが、

    このイラストブックでは 「おや?もしかしてブランカってアッシュ
    のことを・・・!?」と疑いたくなるようなイラストばかりなのです。
    (しかも枚数が多い・・・)


    そしてアッシュの苦しそうな表情が続くのもすごく気になります。
    (あぁ、助けてあげたい・・・)
    例えば以下のイラストです。


    ANGEL EYESをお持ちの方は開いてチェックしてみて下さい。
    お持ちでない方はぜひゲットして下さい(笑)
     ▼▼
    Angel eyes―吉田秋生イラストブックBANANA FISH


    1.天蓋付ベッドで眠るアッシュに忍びよる怪しいマント男(←ゴル?)
      (苦しそうな表情のアッシュ・・・しかも手には一輪の薔薇・・・)


    2.軍服のブランカと貴公子の様な服装のアッシュ
      (まるで王子様のようなアッシュ!でも切なくて儚げな表情・・・)


    3.謎の男(ブランカ?)の胸に顔を引き寄せられる上半身裸のアッシュ
      (アッシュは無表情。何があったのか気になる・・・)


    4.タキシード姿でベッドに座るアッシュと彼に靴をはかせるブランカ
      (不機嫌そうなアッシュのご機嫌をとるブランカ・・・)


    5.社交ダンスを踊るアッシュとブランカ
      (二人共タキシード姿)


    6.仮面の男(←ブランカ?)にお姫様だっこされるアッシュ
      (アッシュは意識を失っています・・・。)


    7.意識のないアッシュを抱きかかえ、首筋にキス(!?)するブランカ  
      (このイラストが一番疑問だ・・・)


    これらのイラストを元にストーリーを妄想しました。


    原作バナナフィッシュ13〜14巻で、英二の命と引き換えにアッシュが
    ゴルツィネの元へ帰って拒食症になるあの時期がこれらのイラストの
    イメージに当てはまるのではないでしょうか。
       ▼▼   ▼▼

    13・14巻を参考にしています。そういえばそんなシーンあったな、と
    思われる方もいると思います・・・。


    ※以下、夢妄想話です。
    >> 漫画・コミック・DVDの大人買い




    【もしもアッシュとブランカのAnother Storyがあれば・1】


    その日、月龍の元にいたブランカに連絡が入った。
    ゴルツィネの元から逃走中のアッシュを捕えたらしい。


    「若様、申し訳ございません。私はムッシュウの元に伺わねば
     ならない用事ができました。契約の話はまた後日に。」


    「残念だね。でも僕は諦めないよ。」


    「それでは失礼します。」


    ブランカはゴルツィネ邸に向かった。
    アッシュは天蓋付きベッドの上に寝かされていた。
    睡眠薬を飲まされたようで、意識がない。



    ゴルツィネはご機嫌だった。
    上等のワインを口に含み、眠っているアッシュを満足気に
    見つめる。


    「ようやく私は魔性の獣を手に入れたよ。」


    そう言って、花瓶から薔薇を一輪とりだして
    眠るアッシュの胸元に置いた。


    「ムッシュウ、アッシュをどうやって調教するのですか?
     こいつは以前のようにムッシュウの元から逃亡する恐れが
     あるのではないですか?」


    「その必要はない。ワシはこいつの弱みを握っているからな・・・。」


    「あの日本人の少年ですか?」


    「そうだ。」
     
    「何と言って脅したのですか?」


    「君に再契約を頼むつもりだと。この家から逃げ出したとしても。」


    「ですがムッシュウ、先日お話したように私は月龍様と契約を結ぶ
     予定です。」


    「今はまだ正式には決まっていないのだろう?
     君が月龍殿と契約したとしても、アッシュには黙っておけばいい。」


    「・・・・・。」
    アッシュは完全にゴルツィネに捕えられた。


    ブランカはアッシュがどれほど英二を想っているのか知っていた。
    「英二を殺さないでくれ」と言うチャンスを得るためにかつての
    師匠に勝負を申し込んだ。


    ブランカの胸が痛んだ。
    (私はNYに来るべきではなかった・・・)


    ブランカにとって、アッシュは唯一の教え子であり、自分と同じ孤独や
    悲しみを味わっている非常に気がかりな存在であった。


    自分が教え子を追い込んだとはいえ、罪悪感とゴルツィネへのわずかな怒りを感じた。


    ブランカはゴルツィネに提案した。
    「ムッシュウ、私はアッシュの性格をよくわかっています。
     素直にあなたの言うことを聞いたりはしないでしょう。
     私と月龍様との本契約まであと数日あります。
     その間、私はアッシュのそばにいてもよろしいでしょうか?
     何か良いアドバイスができるかもしれません。」


    「そうだな・・・君に限って私情に流されることはないだろう・・・。
     師匠の君がいると心強い。」



    ゴルツィネは快諾した。


    <続>  ※ゴルツィネのつぶやきがこの下にあります。





    新シリーズを開始しました。ブランカとアッシュの子弟愛(!?)話をお楽しみ下さい・・・。英二も出てきますのでご安心下さい(笑)。
    もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると励みになるので嬉しいです。一言メッセージもどうぞ★


    ゴルツィネのつぶやき
    「とうとうアッシュを手に入れた・・・
     あれを手放すわけにはいかん・・・」
     以下、拍手お礼です。

    nanairo様

    興味深い展開とおっしゃっていただいて嬉しいです!
    更新の励みになります
    またお気軽にメッセージ下さいね。
    お読みいただく方からのメッセージが楽しみなので・・・。
    ありがとうございます。
    | 夢妄想・シリーズ編 | 06:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://love-banana-ae.otonagami.com/trackback/60