メルマガ購読・解除
 
RECOMMEND
バナナフィッシュ(2)
バナナフィッシュ(2) (JUGEMレビュー »)
井上和彦,アクション百田,古澤徹,松本保典,ラジオ・サントラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BANANA DREAM

少女漫画BANANAFISHの二次創作ブログです。アッシュと英二の幸せな日常話を中心に、バナナフィッシュのキャラクター達とのギャグ・パロディ創作小説を掲載しています。
ブログの最新記事をメールでお届けします!

最新の記事をメールマガジン形式でいち早く配信しています。
ブログにはない、おすすめ情報やためになる情報もお届けしています。
よろしければ、登録してみてください。
ザ・バナナフィッシュオークション
0

    おはようございます。BANANA DREAMのらぶばなです。

    今日は楽しい?ギャグ編のお話です。

    バナナのキャラクターが自分の持ち物をオークションにかけて
    その値段を競います。誰の持ち物が一番最高値がつくでしょう?

    会場中が大騒動を起こすほどの商品をなぜマックスが持って
    いるのかは、原作11巻をみればすぐわかりますよね?
       ▼▼


    あなたならだれの、何が欲しいですか?
    以下、夢妄想です。お楽しみ下さい・・・





    【 ザ・オークション (勝ち抜きトーナメント) 】


    「特別番組 ザ・オークション 司会のショーターです。

     この勝ち抜きトーナメント式のオークションのルールは、
     「バナナフィッシュのキャラクターが自分が使用した物を
     オークションにかける」
    ことです。

     
     購入希望されるお客様は希望価格を1回だけ発表し、最高値をだした
     お客様が商品を獲得できます。
     尚、勝ち抜きですので、バナナの各キャラクターが次々自分の持ち物を
     出品し、より高い方が勝者とします。」




    会場は最高に盛り上がっている。それぞれお目当ての品があるらしい。


    アッシュと英二は舞台裏から会場をのぞきこむ。


    「アッシュ、すごい熱気だね・・・僕の商品いくらになるかな?」


    「英二、値打ちのでそうな商品を持ってきたか?
     客はかなりマニアだぞ。」

    「うーん・・・」


    いよいよ勝ち抜きトーナメントがはじまった。

    「では皆様、お待たせしました。トーナメントの順番は
     くじ引きで決定しております。
     トップバッターは・・・奥村英二様!」


    「は・・・はい!僕です・・・。」


    「では商品を出して下さい。」


    「はい、僕は『少年サンデーの最新号』を持ってきました。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     価格発表できるのは1回だけですよ!」


    一斉に価格が発表された。


    「最高価格は・・・シン様!500円で決定です。

     シン様の購入理由は、『最新号の少年サンデーをまだ
     読んでいないから』
    との事です。
     ではこの500円の少年サンデー最新号を基準に次の
     オークションを勝ち抜き式で行います。」




    次のオークション発表者はブランカだった。


    「ではブランカ様、商品を発表して下さい。」


    「ええ、私は愛読書ヘミングウェイの
     『ISLAND IN THE STREAM 』を持ってきました。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     最高価格は・・・ジェシカ様!3000円で決定です。

     ジェシカ様の購入理由は「イケメンだから」との事。
     どうやらブランカ様の隠れファンのようです。
     勝ち抜き戦の勝者はブランカ様です。」


    次のオークション発表者は月龍だった。


    「では月龍様、商品を発表して下さい。」


    「ええ、私は奥村英二君を刺した『針』を持ってきました。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     最高価格は・・・伊部俊一様!10,000円で決定です。

      少々マニアックな品ですが、伊部様は大事な英ちゃんが
     もう針でさされないように
    という親心からお買い上げ決定です。
     勝者は月龍様です。」

     


    次のオークション発表者は伊部だった。


    「では伊部様、商品を発表して下さい。」


    「ええ、私は高校時代の奥村英二君を撮影し、受賞した
     『キャノンのポスター』
    を持ってきました。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     最高価格は・・・アッシュ様!100,000円で決定です。

      アッシュ様はこのポスターをどうしても見たかったのと
     他の人に見せるのがおしい
    という事でお買い上げ決定です。
     勝者は伊部様です。」


    少しずつ価格が上がってきた。
    会場はますます盛り上がる。


    次のオークション発表者はシンだった。


    「ではシン様、商品を発表して下さい。」


    「俺は自分の攻撃用武器の『飛竜牙』を持ってきたよ。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     最高価格は・・・月龍様!500,000円で決定です。

      さすが若様、お金持ち!購入理由は「別に。退屈しのぎだよ。」
     とか言ってますが、裏情報によると月龍様はシンの隠れファンだ
     そうです。勝者はシン様です。」

     


    次のオークション発表者はアッシュだった。


    「ではアッシュ様、商品を発表して下さい。」


    「ああ、俺は愛用している『眼鏡』を持ってきたぜ。」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     最高価格は・・・ゴルツィネ様!3,000,000円で決定です。

      さすがゴルツィネ様!アッシュの為なら金を惜しみません。
     購入理由は「ワシのコレクションのはく製にかけるから」という事。
     恐ろしい・・・一体はく製は何体あるのでしょうか?

     おっと白い手袋をはめた側近たちが現れて、ヒノキの化粧箱に
     眼鏡を入れて持ち帰りました。かなり手慣れた様子です。
     勝者はゴルツィネ様です。」



    さすがに3,000,000円を超える品物はないと誰もが
    思った。そして最後のオークション発表者はマックスだった。


    「おっさんが?何を出品すんだよ?」


    「マックスは何か企んでるんだよ。
     だって顔が自信満々じゃないか。」

     


    「さて、マックス様、最後になりますが 商品を発表して下さい。」


    「俺はアッシュが着用した『ナース服』を持ってきたよ。
     まだ洗濯すらしていないぜ!!」


    「購入希望者は価格を発表して下さい!
     おおっと、購入希望者が世界中から殺到しています!
     恐らく過去最多数でしょう!
     価格も相当な金額になっているものと思われます!


     先ほどアッシュの眼鏡を落札したゴルツィネ様が悔しそうに見ています。
     そうなんです。落札者は次のオークションに参加できません。
     

     ゴルツィネ様、闇の力を使おうとどこかに連絡し始めましたが、
     間に合うのでしょうか?
     

     そして、あぁ・・・全くコンピューターが反応いたしません!」


    ようやくコンピューター画面に表示された文字は・・・


    『アッシュ着用ナース服、ザ・プライスレス』


    「コンピューターが計算を放棄いたしました!よって棄権とみなします!
     最高価格はアッシュ様ご愛用の眼鏡になりますので、
     『ザ・オークション 勝ち抜きトーナメント』の優勝者は
     アッシュ様です!!」


    <完>
     



    うーん、オチがつまらない(笑)
    もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
    励みになるので嬉しいです。一言メッセージもどうぞ★
    続きを読む >>
    | 夢妄想・ギャグ編 | 08:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
    英二の作るキャラ弁
    0
      JUGEMテーマ:BANANA FISH

      BANANA DREAMへようこそ。
      管理人のらぶばなです。今回のギャグ編は、らぶばなイチ押しのお話です。
      (最後までお読みいただくと理由がわかります・・・)

      お料理上手な英二が、アッシュに「キャラ弁」を作ったら面白いと
      思いました。最後は 皆様の期待を裏切ることになると思いますが、
      軽い気持ちで笑ってやって下さい(笑)

      以下、夢妄想です。お楽しみ下さい・・・。

       【英二の作るキャラ弁】


      「アッシュ、今日は図書館に行く日だろ? 
       図書館に行くといつもランチはホットドックになるから、
       今日は僕が栄養満点のランチボックスを作るよ。」

      「あぁ、おれは構わないぜ。」

      「僕、『キャラ弁を作ってみるよ。日本で流行っているんだぜ。」

      「英二、『キャラ弁』とは何だ?」

      「それは内緒だよ。お楽しみはとっておかないと。
       今から作るから、出来上がるまで待っててね。」

      「あぁ分かった。」

      アッシュは書斎でコーヒーを飲んで英二を待っていたが、
      さっき英二が言った『キャラ弁』が気になったのでパソコンで
      調べることにした。

      「・・・すげえ!日本人はこんな繊細なものを作っているのか!」

      アッシュは初めて見るキャラ弁に驚いた。
      好奇心旺盛なアッシュは徹底的に調べた。 

      「これは驚いた・・・キャラ弁は立派な食品アートじゃないか!」
          ▼▼         ▼▼


      「きっと細かい作業ばかりなんだろうな・・・。なるほど、キャラ弁を
       作るには専用のキャラ弁グッズを使うのか。これは大変だ。
       母親にキャラ弁を作ってもらったら、きっと子供たちは喜ぶだろう。」

      そしてふと、アッシュは 華やかなキャラ弁まではいかなくても
      母親の愛情のこもったランチボックスなど作ってもらったことが
      無い事に気付いた。

      「もしかして英二は俺の為を想ってランチボックスを作ると
       言ってくれたのだろうか?」

      そう思うとアッシュの胸がほんのり温かくなった。


      しばらくするとランチボックスを作り終えた英二が書斎にやってきた。

      「アッシュ、お待たせ。じゃぁ今から図書館に行こう!」

      「英二、ありがとうな。」

      そう言って、英二の頭をくしゃくしゃとなでた。

      「どうしたの、アッシュ?」

      「いーや、何でもない。早く行こうぜ。」
      二人は出発した。


      昼食時 図書館近くの公園で、二人はランチを食べる事にした。

      英二はランチボックスを取りだした。
      アッシュはちょっとワクワクしていた。

      (キャラ弁はアニメや漫画のキャラクターが多いようだが・・・
        英二は何を作ったのだろう?)

      「はい、アッシュ。これは君のランチだよ。」
      英二はアッシュにランチボックスを渡した。

      「あぁサンキュー。」

      (まさか、俺の顔や名前のキャラ弁だったりして・・・)

      アッシュの期待が高まる。

      「アッシュ、あんまり上手に作れなかったけど・・・愛情は
       こもっているから!!」

      「英二、お前が作るものなら絶対に美味いに決まっている!」





      アッシュは笑顔でランチボックスを開いた。
                      ▼▼▼
      コング 

      「アッシュ、可愛いだろ? コングにそっくりだろ? 
       さ、食べようぜ!」

      「・・・・・・」(←アッシュ、灰化)

      <完>  ※この下にアッシュのつぶやきがあります。


      今回の『英二のキャラ弁』はいかがですか?コングに見えますか?
      ちょっと情けない顔のコングですが、らぶばなが作りました。
      ボックスじゃなくて皿の上にのってるじゃないの、というつっこみは無し
      でお願いします(笑)
      どうやら私、キャラ弁のセンスは無いようです。

      輪郭はゴマ、髪の毛はコンブ、目はノリ、眉毛はヒジキ、口はハムを使用。
      ピンセットでゴマを並べる作業は辛いですが、バナナへの愛で乗り切りました。

      もしお楽しみ頂きましたら、下の拍手ボタンを押して応援よろしく
      お願いします。メッセージも送れます。


      アッシュのつぶやき
      「どうして俺じゃなくて、コングの顔なんだよ!?」
      続きを読む >>
      | 夢妄想・ギャグ編 | 04:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
      もしもアッシュとブランカのAnother Storyがあれば・3
      0

        管理人の らぶばな です。
        バナナフィッシュの夢妄想ブログ BANANA DREAMへようこそ!

        ゴルツィネ邸に滞在してアッシュを見守ることになったブランカですが、
        今回はアッシュにある事を知らせます・・・。

        本日の夢妄想話のネタは、
        Angel eyes―吉田秋生イラストブックBANANA FISHの中にある、
             ▼▼   

        「軍服のブランカと貴公子の様な服装のアッシュ」のイラストと、

        原作の13・14巻をベースに妄想致しました。
           ▼▼   ▼▼


        ※以下、夢妄想話です。お楽しみ下さい・・・。
        >> はじめてのドラマCD





        【もしもアッシュとブランカのAnother Storyがあれば・3】


        アッシュへの帝王教育が本格的に始まった。

        「もう一度お前にマナーや教育を調教しなおしてやる。
         そして社交界にお前を連れていく。」


        ゴルツィネの宣言どおり、アッシュには多くの教師がつけられた。

        アッシュはうんざりしたが、拒むと英二の命が危険にさらされる。
        買春させられるよりはマシだと思い、嫌々授業を受けることにした。


        ブランカはアッシュに気付かれないように彼を観察していた。
        アッシュは最近ずっと機嫌が悪くふてくされているようだ。


        一方、アッシュを養子にして跡継ぎにしようと企むゴルツィネは
        ずっと機嫌がいい。


        アッシュの髪と瞳の色にあわせて特別にスーツやジャケットを
        オーダーしたり、専属の美容師・スタイリストをつけてアッシュに
        貴族のような衣装を着せたりとやりたい放題だ。


        アッシュの社交界デビューに向けての準備を着実に進めている。

        「俺はタコ親父のあやつり人形みたいだな。」
        アッシュはブランカにそうつぶやいた。


        ブランカはゴルツィネの側近からあるウワサを聞いていた。

        「パパ・ディノはアッシュと共にヨーロッパで暮らすつもりらしい」と。


        (ムッシュウは、本気でアッシュを社交会へ連れていく気か・・・)


        ゴルツィネの情熱とは裏腹に、アッシュは精神的苦痛により、
        次第に食事が取れなくなっていった。
        体はやせて、身動きが取れなくなり、ベッドで休む事が
        増えていった。


        ゴルツィネはアッシュが反抗して食事をとろうとしないと思っていたが、
        体が受け付けない事に気付き、ブランカを呼んだ。


        ブランカはゴルツィネにアドバイスをする。

        「彼に必要なのは精神科医です。」






        ゴルツィネは医者を呼ぶことには賛成してくれたが、
        アッシュへの教育は止めなかったし、英二と会わせるつもりもなかった。
        ただ、アッシュを自分の傍に置きたかった。


        「来月、アッシュを後継者としてヨーロッパに連れていく。
         私の故郷のフランスへ。」

        ゴルツィネはアッシュを養子にし、我が息子として社交界に連れて
        行く宣言をした。


        その事を知ったアッシュはますます体が弱っていった。
        授業以外は ベッドで休んでいる。


        ブランカがアッシュを見舞った。

        「気分はどうだ?」


        「良いわけないだろ?タコ親父の息子になるんだぜ?
         俺はフランスなんて行きたくない。NYを離れるのは嫌だ。」


        だが、どれだけ否定したくても拒否はできなかった。
        アッシュにとって大事な存在、英二の命がかかっているのだから。


        「最近、よく夢をみるんだ。」


        「熟睡できないのか?」


        「あぁ。夢か現実か・・・分からない時があるんだ。
         でも夢の方がいい。
         いつも・・・あのアパートで英二と暮らしていた夢を見るんだ。」


        「・・・・・・」


        「あいつ、夢の中でも俺に説教するんだぜ。脱いだ服を床に置くなとか、
         ちゃんと洗濯機に入れておけとか・・・全く、まるで俺のお袋かよ。」

        そんな事を言いながらも、アッシュはどこか嬉しそうだ。


        次第にブランカは、自分がアッシュを英二の元に帰してあげたいという
        気持ちになっていた。


        ブランカはアッシュに伝える。

        「私は李月龍氏と契約交渉中だ。近々本契約を結ぶだろう。」


        アッシュは驚いてブランカを見る。

        「いつだ?」


        「まだ分からない。」


        「俺にとっては大事なことなんだ!」


        「慌てるな・・・来週、お前の社交界デビュー記念を祝って
         パーティーが開かれるぞ。私は月龍氏と共にムッシュウに招かれた。
         これはお前が自由になるラストチャンスだ。」


        <続>  ※この下にアッシュのつぶやきがあります。




        もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押して下さいね。
        ブログを毎日更新する励みになります!
        毎日1バナナ(←毎日バナナフィッシュのお話を1つ読めること)を目指すものの、
        体力・精神的に弱いらぶばなに愛のヒトコトを・・・(笑)
        今回の感想・一言メッセージも送れますのでどうぞ。
         
        アッシュのつぶやき
        「絶対に逃げて自由になってやる!」
        続きを読む >>
        | 夢妄想・ギャグ編 | 05:01 | - | trackbacks(0) | - | - |
        ショーターのTシャツ店でお買物・3
        0


          らぶばなです。BANANA DREAMへようこそ!

          しつこくまたTシャツネタです(笑)
          漢字Tシャツって色々あるんですね。
          面白くて つい妄想がとまらない・・・。

          今回はショーターがアッシュと英二にTシャツをプレゼント
          するお話です。ショーターの面白いTシャツについては
          Banana fish another story (小学館文庫) を参考にどうぞ。

          管理人らぶばなが 面白いと思ったTシャツ屋さんの漢字
          Tシャツをご紹介しながら妄想話を進めます。

          ※以下、夢妄想です。





          ショーターは、自分のTシャツ店「ふざけんな」で商品を探していた。


          「えーっと、どこだっけ?今日はアッシュと英二にTシャツをたくさん
           買ってもらったからな。お礼にアイツらにTシャツをプレゼントするか」


          大量のシャツの中からショーターが選別する。


          「アッシュは・・・・これか?」

          >>漢字Tシャツ(史上最強の男)


          「うーん『史上最強の男』って誉めすぎだな。
           今のアッシュはこれかな?」

          >>漢字Tシャツ(まだまだ反抗期)


          「小生意気だから『まだまだ反抗期』って感じだな。
           でもアイツ、英二といる時はこんな感じだな。」

          >>漢字Tシャツ(へたれ)


          「『へたれ』だと英二が怒るかな?
           あぁそう言えば昔、アッシュをクリスマスカードの
           天使様と間違えたことあったなぁ・・・。」


          ショーターは『天使』を探したが
          残念ながら天使のTシャツはなかった。


          「おっ、これなんかいいんじゃないか?」

          >>漢字Tシャツ(白衣の堕天使)


          「『白衣の堕天使』だな。アッシュのやつ、
           ナース姿に変装した事があるみたいだし・・・
           よし、これをプレゼントするか!」


          ショーターは一人、満足した。


          「英二にはどれがいいかな・・・」

          >>漢字Tシャツ(勝利の女神)


          「『勝利の女神』なんていいなぁ。
           アッシュが天使様なら、英二は女神様だな。
           でも『女じゃない!』って怒りそうだな・・・」

          ショーターは更に商品を探す。

          「お、これだ、これ!」

          >>漢字Tシャツ(専業主夫)


          「英二はある意味、アッシュの『専業主夫』だな。
           アッシュだったら英二にコレを着せたがるかもな・・・。
           いや、アッシュの気持ちとしてはこっちかな・・・。」

          >>漢字Tシャツ(嫁にやらん)


          「『嫁にやらん』を見た英二の気持ちはこれかな・・・」

          >>漢字Tシャツ(顔文字・驚き)



          『アッシュと英二に着せるTシャツ、募集中』 (Byショーター)

           <完>
          >>ドラマCD(小説・コミック・ゲーム・ボーイズラブ原作)


          もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
          励みになるので嬉しいです。お気軽にメッセージいただけると
          ありがたいです。
          続きを読む >>
          | 夢妄想・ギャグ編 | 22:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
          ショーターのTシャツ店でお買物・2
          0
             
            らぶばなです。BANANA DREAMへようこそ!

            前回は、アッシュと英二はショーターのTシャツ店「ふざけんな」で
            お買物をしていました。今回は、その続きの妄想話です。

            原作の中で ショーターが着ていた数々の面白いTシャツは、
            Banana fish another story (小学館文庫) に出ています。

            また、BANANA FISH REBIRTHオフィシャルガイドブック では
            ショーター自らTシャツについてのコラムを書いていますよ。
            (自分の次にイケてるのはアイツとか、一番NGはアイツとか・・・)
               ▼▼     ▼▼


            では、今回も管理人らぶばなが 面白いと思ったTシャツ屋さんの
            シャツを紹介しながら妄想話を進めますね。
            実際にあなたがこのTシャツを着たらとリアルに考えてください。

            ※以下、夢妄想話です。お許し下さい・・・




            【ショーターのTシャツ店でお買物・2】

            「アッシュ、英二、ありがとうな。たくさんTシャツを買ってくれて。」

            「うん。お世話になってる皆にプレゼントする商品を探してたから
             ちょうど良かったよ。」

            「あぁ。結構楽しかったぜ。また英二と来るよ。」

            アッシュと英二はショーターのTシャツ店「ふざけんな」を出た。

            「アッシュ、今度皆に会った時にこのTシャツを渡そうね。」

            「そうだな。きっとあいつら驚くぞ。漢字の意味なんて知らない
             だろうがな。」

            アッシュと英二は仲良くアパートへ帰っていった。



            その数日後、アパートに子分達とマックス・ジェシカ夫妻が
            遊びにきていた。

            「英二、そろそろアレを渡してやってくれ。」

            「うん、分かったよ。アッシュ。」

            英二がプレゼントのTシャツを持ってきた。

            「今日はね、皆にアッシュと僕からプレゼントがあるよ。
             皆にはいつもお世話になっているからね。
             ショーターのTシャツ店の漢字Tシャツだよ。」

            「一人ずつ漢字が違うぞ。ほとんど俺が選んだがな。
             漢字ってすごくクールだぞ。」

            「マジかよ?やった〜。」
            「へ〜どんなシャツなんだ?」
            「二人が選んでくれたなんて嬉しいな。」

            仲間たちが興味しんしんで見ている。
            英二は一人ずつTシャツをプレゼントする。

            アッシュはニヤニヤしながら英二に言う。
            「英二、皆に漢字の説明をしてやってくれ。」

            「う・・うん・・(アッシュ、本気かい?)」

            アレックスがプレゼントを開けた。
            >>漢字Tシャツ(副将)

            「わ!これイケてんな。英二何ていう意味だ?」

            「それは『副将』といって、ボスが最も信頼する優秀な
             側近だけに許された特別な言葉なんだよ・・・。」

            「へーすごいな。」
            「さすが癸欧世福▲▲譽奪ス」

            ボーンズとコングが羨ましそうに言う。

            「英二、これはどういう意味だ?」
            ボーンズが聞いてきた。
            >>漢字Tシャツ(補欠魂)

            「それは『補欠魂』といって、これから大活躍をするぞ!
            ってすごく気合いの入った言葉なんだよ・・・。」

            「気合いかぁ!俺にぴったりだな。」
            「なんかカッコイイよな。」

            「じゃぁ俺のTシャツはどんな意味だ?」
            コングが英二に聞いてきた。
            >>漢字Tシャツ(食欲の秋)

            「それは『食欲の秋』といって、うーんと・・・(難しい・・・)
            元気いっぱいでご飯をたくさん食べれちゃうくらいに
            気分のいい季節を喜ぶ意味なんだ。」(←自分でも苦笑)

            「へぇ、日本ではそんな季節があるんだな。
            俺はオールシーズン飯をたくさん食べるけどな。」

            「お前は本当にそうだよな。」

            「ねぇ英二、私のTシャツはどういう意味なのかしら?」
            ジェシカが英二に聞いてきた。
            >>漢字Tシャツ(鬼嫁)

            「え・・・と・・・、それは『鬼嫁』といって、旦那さんや家族を
            しっかりと支える素敵な奥様という意味だよ。」

            「まぁ、じゃぁ私にピッタリの言葉じゃないの。」

            「誉めすぎじゃねぇか?」
            マックスが答える。

            その後ろではアッシュが口を押さえて笑いを
            こらえている。

            「英二、俺のTシャツはどういう意味だ?」
            マックスが聞いてきた。
            >>漢字Tシャツ(てきとーおやじ)

            「それは『てきとーおやじ』といって・・・(どうしよう・・・)
             マックスみたいに おおらかで心が広くて
             家族のムードメーカー的存在の父親を意味するんだ。」

            「へぇ俺にぴったりじゃねぇか。
            このTシャツを着て、マイケルに自慢するぜ。
            『ほら、パパはすごいんだぞ』って。」

            「ぜひそうしてやれよ。」
            アッシュが笑いながらいう。

            「ア、アハハハ・・・(アッシュ!!)」
            笑うしかない英二であった。

            <続> ※この下に英二のつぶやきがあります


            もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
            更新をつづける励みになるので嬉しいです。
            アッシュと英二に着てほしい漢字Tシャツを募集中(笑)


            英二のつぶやき
            「どうせ漢字の意味なんて知らないから、適当に選んだら
             いいんだよって言ったのはアッシュなのに・・・!!もう!」
            続きを読む >>
            | 夢妄想・ギャグ編 | 04:28 | - | trackbacks(0) | - | - |
            ショーターのTシャツ店でお買物・1
            0
               
              らぶばなです。BANANA DREAMへようこそ!

              ショーターはいつも面白いTシャツを着ていましたね。
              Banana fish another story (小学館文庫) では「脳卒中」「馬鹿野郎」「ふざけんな」など、ユニークなTシャツを着ていたのが印象に残っています。また、BANANA FISH REBIRTHオフィシャルガイドブック でも、ショーター自らTシャツについてのコラムを書いています。
                 ▼▼     ▼▼


              もしショーターがTシャツ店をひらき、アッシュと英二が買い物に来たら
              面白いだろうな・・・と思って夢妄想致しました。

              管理人らぶばなが 面白いと思ったTシャツ屋さんのシャツを紹介しながら妄想話を進めますね。
              ご興味のある方はオリジナルシャツを作ってみてもいいかも(笑)

              ※以下、夢妄想です。お許し下さい・・・




              【ショーターのTシャツ店でお買物・1】

              アッシュと英二が ショーターのTシャツ店「ふざけんな」にやってきた。

              店主のショーターが二人を出迎えてくれた。
              「よっ!お二人さん。いらっしゃい!」

              「ショーター、元気そうだね。今日はアッシュと一緒に買い物に来たよ。」

              「お前の店がどんなところか冷やかしに来たぜ。」

              「ゆっくり見ていけよ!新商品をたくさん入荷したからな。」

              アッシュと英二が店内を見渡す。

              「アッシュ、すごく色々な種類のシャツがあるよ。」

              「あぁ、でも日本語のTシャツばかりだな・・・。
               これはショーターの趣味なのか?」

              「ショーターは日本語の漢字Tシャツが大のお気に入り
               なんだよ。僕が通訳してあげるから 気になるTシャツが
               あれば教えてね。」

              「あぁそうだな、これなんかどうだ?」

              アッシュはTシャツを手にとって英二に見せた。

              漢字シャツ(なんでやねん)

              「…面白いけど、アッシュが着るのはどうかと思うよ?」

              「じゃぁこれは?」
              漢字シャツ(彼女募集中)
              「…絶対にダメ!!」(←赤面している)

              「じゃぁこれは?」
              漢字Tシャツ(だが断る)
              「…ちょっとアリかも。
               でも、もう少しインパクトあってもいいかもね」

              「難しいんだな。これはどうだ?」

              文字入りシャツ(エロマスター)

              「…ありえないっ!これはタコ親父用だよ!」

              「何を怒ってるんだ?じゃぁ俺がお前用に選んでやるよ。」

              「え、本当?嬉しいな。」(←笑顔)

              「これなんか似合いそうだけどな。」
              漢字Tシャツ(姫)
              「何だよこれ!」

              「おかしいのか?じゃぁこれは?」
              漢字Tシャツ(やんちゃ姫)
              「だからなんで『姫』なんだよ!
               アッシュ、わざとやってるだろ?」

              「そんな訳ないだろ?俺は日本語を知らないから
               仕方ないだろう?」

              二人の買い物は当分終わりそうにない・・・

              <続> ※下にショーターのつぶやきがあります。



              もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
              励みになるので嬉しいです★一言メッセージもどうぞ★


              ショーターのつぶやき
              「あいつら、仲いいな〜」
              続きを読む >>
              | 夢妄想・ギャグ編 | 08:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
              バナナフィッシュのキャラで遊んでみました・1
              0

                イラストブック「ANGEL EYES」を持っている人にしか伝わらないと
                思いますが・・・おふざけ度・くだらなさ度100%のギャグです。
                笑って許せる方だけお読み下さい(笑)


                「ANGEL EYES」に背景が青色で、ストーリーの説明が英語で記載
                されているページがあります。このページはユニークなイラストが
                たくさん描かれていて楽しいです。


                イラストブックをお持ちでない方は、ぜひ手に入れていただいて、
                私と一緒に楽しく妄想しませんか?(笑)
                   ▼▼

                ANGEL EYESが有るのと無いのとでは、楽しさが全然違いますから!
                (断言)

                 

                さて、以下の順でイラストを見て下さい(面倒臭くてすみません)


                【ネタ1】
                1.ベッドでふてくされたように眠るアッシュ(左中段)
                   ↓
                2.うなだれて疲れた表情のアッシュと枕を持つ英二(左下段)


                【ネタ2】
                1.ロングコートと帽子をかぶり、椅子に座るアッシュと、
                  後ろでフードをかぶって立つ英二(左中段)
                   ↓
                2.バッチリメイク(魚のイヤリングをしている)の月龍
                  しなやかに天女のように舞う月龍(髪型が可愛い)
                  刀を持って笑う月龍(見ようによっては怖い)(各右下段)


                ネタ2の「椅子に座るアッシュ」が映画監督に見える…と
                思うのは私だけでしょうか?


                ※以下、夢妄想です。お許し下さい・・・。

                >>「高品質」同人グッズ製作専門サイト「同人ファクトリー」
                同人グッズ印刷の全てがここに!

                −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                【ネタ1:退屈すぎて】

                アッシュ「あ〜退屈だ。英二、何か日本の遊びを教えてくれよ。」

                  英二「うん、いいよ。日本の学生がする遊びをしよう。」

                アッシュ「学生だけがする特別な遊びなのか?」

                  英二「大人はしないと思うよ。
                     友達同士が一緒に泊まる時にする遊びだよ。
                     始まるとなかなか終わらないんだぜ。」

                アッシュ「かなりエキサイティングな遊びだな。
                     俺達は一緒に住んでいるから毎日できるな。」

                  英二「うーん、毎日は疲れるかな・・・」

                アッシュ「何て言う遊びだ?よし、早速やろうぜ!」

                  英二「うん、『枕投げ』っていうんだ!」


                (その後、散々クッションを投げ続け・・・)


                アッシュ「もうヤダ、疲れた・・・」

                  英二「君がムキになるからじゃないか・・・」

                アッシュ「オニイチャンこそ・・・」

                  英二「君に大和魂を見せてやりたかったのさ」

                 

                【ネタ2:映画監督と女優】
                   AD英二「監督!トップ女優の月龍さんがまだ現場に来ていません!」

                監督アッシュ「今日は『踊りを舞うシーン』と『戦いのシーン』の撮影が
                       あるのに!何をやっているんだ月龍は?」

                  AD英二「ビンディー(額につけるおしゃれアイテム)が決まらない
                       ようです・・・。」

                監督アッシュ「・・・・・・。」


                ※ビンディーとはこういうものです >>額用ビンディ

                 

                (文章だと分かりにくいのですが、イラストをじっくり
                 見ながらイメージするとこんな風に見え・・・ませんか?)


                <終>

                >> ボーイズラブ★コミック・小説、無料サンプルダウンロード!

                 
                −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
                励みになるので嬉しいです★一言メッセージもどうぞ★
                | 夢妄想・ギャグ編 | 08:30 | - | trackbacks(0) | - | - |